一人親方労災保険 比較のポイント

費用と手間の違いがポイント

基本的に一人親方労災保険の場合、国か管轄している保険の為、どの組合や団体の一人親方労災保険に加入しても同じように思えるかも知れませんが、実は、各組合や団体のよっては、多少異なってくる事がある為、加入する際は、十分確認しておく必要があります。

まず、費用においてですが、一人親方労災保険は、国の保険になる為、掛け金や保障料はすべて一律になっています。しかし、ここでポイントなのが、これら、掛け金以外に必要になってくる手数料なのです。この手数料が組合や団体によって、様々になっており、最終的に支払うお金に違いが出てくるのです。

例えば、入会金が必要だったり、年会費が必要だったりと内容は様々。中には、それらの費用が必要ない組合や団体もあります。 一概に、費用が少ない事が一番と言うわけではなく、それぞれによって、メリット、デメリットがあるため確認しておくことが大切です。建設業の職人に仕事を紹介する職人スタジアム。

また、支払い方法についても確認する事が重要です。一般的には一括支払いが基本ですが、中には年数回に分けて分割も可能!また、振込先も銀行のみの組合や団体のほか、コンビニのレジでも支払いを行う事ができる組合や団体まであり、自分にとって無理なく支払う事ができる方法を選択する事も大切になってきます。

以上のように、同じ一人親方労災保険でも加入する組合や団体によって、費用や支払い方法が様々になっている為、自分にあった組合や団体を見つけ出し、無理なく加入する事が大切です。